シークレットモードの履歴を見る方法とは

デバイス関連

最近ではプライバシーが重視されており、シークレットモードを利用する人が増えてきています。この記事ではシークレットモードの仕組みと、シークレットモードの履歴を見ることができる有料ツールを紹介しています。

シークレットモード:その仕組みは?

シークレットモードは、Webブラウザのプライバシー機能の1つで、プライバシーを保護するためにインターネットの履歴やキャッシュ、クッキーなどの情報を自動的に削除する機能です。一般的に、このモードを使用すると、ブラウザは訪問したウェブサイトの履歴や検索履歴などの情報を保存せずに、オンラインでのアクティビティを匿名にすることができます。

そのため、コンピュータを使用する他の人から、自分がどのようなサイトを訪問したかを隠すこともできます。

シークレットモードの履歴を見るのは可能?

シークレットモードを使用することで、ブラウジングのプライバシーを確保できますが、実際には他の人のシークレットモードの履歴を見ることも可能です。このような情報を見るには、サードパーティのツールを使用する必要があります, ここでmスパイ 口コミを確認してください。以下ではいくつかの例を紹介します。なお、以下のツールは有料となります。

mSpyでシークレットモードの履歴を見る方法

mSpyは、スマートフォンやタブレットなどのデバイスで、Webブラウジングの監視を行うためのソフトウェアです。このアプリを使用すると、他の人がシークレットモードでブラウジングしている場合でも、シークレットモードの履歴を復元し、訪問したウェブサイトのリスト、およびその他の関連情報を見ることができます。

また、このアプリは、Webフィルタリング、アプリのブロック、GPSトラッキングなど、他の多くの便利な機能を備えているのが魅力です。

Eyezyですべての情報をチェックしよう

Eyezyは、子供や従業員のインターネットアクティビティを監視するために設計されたスパイウェアです。Eyezyは、シークレットモードでのインターネットアクティビティも監視できます。Eyezyは、mSpyと非常に似ていますが、専用のインストールソリューションを提供している点で異なります。

Eyezyは、スマートフォン向けアプリケーションとして入手可能で、追加の拡張機能も提供しています。例えば、インターネットアクティビティの履歴を監視するだけでなく、ブロックするサイトやアプリを設定できます。

Qustodioでプライベートモードの履歴を見る方法

Qustodioは、シークレット検索履歴の追跡など、保護者が子供のオンライン活動を監視するのに役立つ多くの機能を提供するペアレンタルコントロールアプリです。ユーザーのネットワーク活動を監視し、パソコンやスマホのシークレットモードで訪問したすべてのURLを記録することで機能します。

しかし、Qustodioには以下の欠点があります。

  • Qustodioは無料ではなく、サブスクリプションが必要
  • Qustodioはプライベートなメッセージやソーシャルメディアでのやり取りを含む、子どものオンライン活動のすべてを保護者が見ることができるため、親子間の信頼関係を損なう可能性がある

シークレットモードを正しく理解しよう

シークレットモードは匿名性の高い機能ですが、有料ツールを利用することで履歴を確認することが可能です。そのため、完全にはシークレットではなく、他の人に追跡される可能性があることを理解した上で利用するようにしましょう。

コメント